GACKTの生き方を参考にネットビジネスに落とし込む!

先輩

今日はアーティストであり実業家であるGACKTさんの生き方やマインドを参考に、どうネットビジネスに応用するか?を解説します!



なぜこの記事を書くのか?という理由は『GACKTの勝ち方』という本でGACKTさんの生き方に感動したからです。


『GACKTの勝ち方』を読んだがGACKT(ガクト)の生き方がとんでもなかった。


『GACKTの勝ち方』を読む前は、アーテイストの顔しか知らなかったのですが読んだ後は僕の中でパラダイムシフトが起こり


紛れもなく彼はビジネスマンでありストイックであり、完璧な男でした。『GACKTの生き方』はビジネスマンにとって非常に参考になる!と思いこの記事を作成しました。


『GACKTの勝ち方』というより『GACKTの生き方』という名前で本を出した方が良かったのではないかな?とも個人的には思います(笑)


話はそれましたが、この記事を読んであなたのビジネスに対するマインドの参考になれば幸いです!それではいきます。



GACKTの生き方を象徴するビジネスに通ずるエピソードを紹介



GACKTさんは音楽をやろうと決め21際の時に上京します。それまで水商売で稼ぎまくり自由奔放に生きていたそう。


金銭感覚が水商売の時と変わらず減り方が凄かったらしく『金を作ろう』とGACKTさんはスイッチが入った。


GACKTさんが目指すGACKT像は『全てを手に入れていく存在』であり夢を叶えていく過程の生活もGACKT(ガクト)ではなくてはならない。


GACKTが6畳一間のアパートで一人洗濯機を回すような生活はGACKTじゃない。


人生のプラスになるカネの稼ぎ方を考えた結果『最初に支援してくれるサポーター(VIP客)』を作ろうだった



このエピソードの凄い所はミュージシャンや芸能人はファンがいてこそのビジネス。良い曲を作ればファンが増えるかというとそうではない。

GACKTさんは一番難しい『本気のファンを作る』という芸能人やミュージシャン一番難しい課題を最初にやってのけた。曲もないのに。


しかも、条件がある。羽振りの良い人をターゲットにする訳ではなく、太客数人から金を回して貰うただのヒモでもない。


声をかけてもサクッと断る『ハッキリとした意思を持っている人』を対象にしている


このエピソードはビジネスで凄く参考になるので次で解説していきます。



GACKTの生き方はまさにビジネスマン。


ではポイントに従って解説していきます。

ビジネスで成果を出すための「優先順位 (重要度)付け」が優れている。


音楽で成功する為に、良い曲を作るのではなく『ファン』を作る事を最優先したのがさすがである。


なぜなら、商品が出たらリピートするような『VIP客』を先に作る事でその後のビジネスが何倍も楽になるからです。



これはネットビジネスでも通ずる考え方ですが成果が出ていない人は「能力」が低いわけではなく、「優先順位 (重要度)付け」が間違っている事が多いです。



僕は、人生で結構な挑戦をしてきましたが、結果がどれも出なかった理由はこの『優先順位』が出来ていなかったからだと今なら言い切れます。

プロ格闘家になるが7連敗し投資で100万溶かしビジネスでも2回挫折したが3度目の本気の挑戦で今までの人生を覆した元ダメ男の話



もし、あなたがネットビジネスを既に始めていて『TwitterでOOO人突破〜!リプ下さ〜い』などの『よくいる勘違い副業ブロガー』みたいな事やっていたら『あなたのビジネスに対する優先順位付け』は間違っているでしょう。

優先順位を把握する為の「情報選別力」が高い。


GACKTさんは、優先順位をつける為の『情報選別力』が高いです。また、上記の優先順位を変えるためには「情報選別力」を高める必要があります。


GACKTさんはこの2つが出来ていたので『ファン化』がスムーズに達成出来たのでしょう。

 
結果が出ない人ほど情報を選別できず頭の中がカオス状態になります。結局何をすればいいのか?となりますからね。


また、「情報選別力」は「その習慣を100万回繰り返したいか?」という自問自答で鍛える事が出来ます。


もし、新しい習慣を取り込む時や新しいビジネスを始めたい時にこの『100万回思考』をベースに考えるとその日の気分やアドリブや思いつきで行動する事がなくなるので、オススメです。


結論:GACKTの生き方は半端ない


先輩

結論、GACKTさんの生き方は半端ないし、勉強になります。『GACKTの勝ち方』は読みやすい上に勉強になるのでおすすめです!



また、北里洋平さんの出版社より新刊も発表されるみたいなので楽しみにお待ちしましょう!



それではここまで読んでいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です