無料メルマガはコチラから!!!

月収50万継続くらいで調子乗っていた自分を戒めるためにメリットが無いけどあえて書いた話。

スズキ

こんにちは!スズキです!

今回この記事を書いたのは昨日『Twitterでたった5ヶ月で2,000万稼いだ方』と対談して


自分の甘さに絶望し、何がなんでも成長してやろうと決意したからです。


相当心に熱を込めて書いてます。今日は悔しすぎてだいぶ熱量、いや熱狂して書いています。



『人間は狂うくらいじゃないと上には上がれないよな』って格闘技で骨の髄まで学んだはずなのにも関わらず忘れていた自分も居たので今日は熱狂して書きます。


正直、この話を書く事に僕のメリットはありません。


というのも界隈ではほとんどの発信者は、、、


『俺、私凄いでしょ?黙ってついてきて!』という『完璧なブランディング』な人がほとんどです


今回の僕のように『舞台裏』を曝け出すことはほとんどしないはずです。


なぜなら『曝け出すメリットがないからです』


弱みを見せていることになるので信頼が減りますからね。



しかし、リスクを承知のうえで、自分の『弱い所、葛藤、挫折、不安』はコンテンツで出します。


というのも僕のクライアントには常々言っていますが『僕はみんなより少し前を走っているだけ』です。


なので舞台裏は今後も出していきます。


こんな俺でもこうやってビジネスできているんだよ』と伝えたいから。


僕も楽しくビジネスやっている時がほとんどですが打ちのめさる時あります。人間ですからね。


『なんだよ。自信持てよ』と思われるかもですが勘違いしないで欲しいのは『自信はあります』


何が何でも、『自分とクライアントと共にもっと上にいく』という上昇志向は消えませんし今後も消すつもりないです。


どんなに自分が格上発信者や天才達に打ちのめされようとひたすら前に進むつもりです。僕は自分とクライアントを信じているので。


ただ、『僕でもこうやって上を目指すにあたり、壁にぶちあたり続けている』というのを僕のブログを見てくれる方には認知してほしいです。


そしてこの記事を読んで『自分でも出来そうだ!』と希望も抱いて欲しいし『実績が出ている人でも凹んだり、もがいて苦しんでいるんだな』と認識して欲しいです。

皆一緒なんですよ。皆不安でもがいて苦しんでいるんです。当たり前です。同じ人間ですから。


やはりビジネスやっているとうまく行かない時はあるので、これを読んでいるあなたがうまく言ってない時期に居るならば『そうゆう時期もある』と思って励みになれば嬉しいですしね。

何回も言いますがこの話は『僕の現状のレベルや弱い部分』が出るので僕にとってメリットはありません。


ですが、この記事を読んでくれるあなたに自分に嘘をついてまで『俺凄いブランディング』でいく発信は、、、


『挑戦するあなたを自分の行動姿勢で勇気づけ成功に導く発信』を目指している自分には出来ないです


自分の信念に反してまで過剰なブランディングしてまで自分の利益は目指しません。


なので嘘偽りなく感情や壁は出していきます


俺は金を稼ぐ機械的人間の発信者じゃない。人の背中を押す。勇気づける発信者になりたいので。


金銭的に全く1ミリもメリットない記事ですが嘘偽りなく今回思った僕の感情をぶちまけていきます。

少しでも僕のこの悔しい感情を感じて『この記事を読んだこの瞬間からあなたのビジネスに対しての覚悟や熱量』が変われば嬉しいです。


では本気で自分自身の甘さを痛感したので戒めをこめて今日この記事を書いています。


感情は生モノなので昨日、今日と何人かとzoomでこの話をシェアしました。そしてこの記事を書いています。ではいきます。

格上発信者の作業量でさえまだ足りないという現実に対して自分がクソ甘いなと痛感した


昨日、非常に尊敬している発信者と対談することになり、、、


『今後のコンテンツビジネス業界』について相談させて頂き『僕が抱えている悩みや今後の予想される展開』がその方と一致していて『視点や思考が格上発信者と同じ』である事が正直に嬉しかった。



がしかし、しかし、その喜びを書いている今思い出した位に


ビジネスに対しての『甘さ』を半端なく痛感した。


その今後の問題点とは一部紹介すると他発信者との『圧倒的差別化』です。


ここで重要なのは『圧倒的』です。んー。圧倒的と言うのも浅いかもしれません。


『よくある凡人が〜、弱者が強者に勝つ〜』などのクソ浅い差別化やコンセプトではありません。


『あなたの人生から編み出した揺るぎないコンセプト』が圧倒的差別化に繋がります。

で、勘違いして欲しくないので、、、


『自分の人生を棚卸しして自己分析すればコンセプトは出てくる!』ってよく聞くと思うんですけど僕が今回痛感したのはそこではなくて。(もちろん棚卸しと自己分析は超大事です)


大切なのは、、、


『お前の人生とビジネスの経験、行動、情報の量は本当に足りてんのか?限界まで追い詰めた結果それなのか?』


って事です。これを読んでるあなたに自問自答して欲しい。


きっとそうじゃないですよね?僕もそうです。全然出来ていない。偉そうに『クライアントを導く』と言っておきながらまだまだ甘いんだろって。

僕が対談した発信者の方の作業量やビジネスに向き合う姿勢や知識全て半端ではないです。


ですがその方でも上の方(年商1億とか)に比べるとまだまだだと言っていました。



…まじかと。あなたとの差がこんなにもあるのに。どんだけ遠いんだよと。


マジで億稼ぐ人たちは狂ってるよと。正直今の僕はそう思いました。



『圧倒的差別化』で他の発信者より抜き出るには、、、


『行動、経験、情報』の量を『誰からみてもバグっている物量』にして凝縮してコンセプトにする必要があります。

スズキ

『誰からみてもバグっている物量』がミソです。要は『コイツやべーまじでイカれている』っていう印象を相手に与えるって事です。



この話聞いて僕は格闘技でプロになりたての気持ちを思い出しました。


少しかじった僕からすると『チャンピオンクラス』になる人達は異常です。


狂気に溢れれています。減量というやんでもおかしくない過程を過ごすのに『何より勝利に拘ります』


僕は『マジでやべー世界がある。トップを目指す人は狂ってる』そう感じたのを思い出しました。



今回はビジネスで痛感しましたが、簡単にコンセプトが〜と言ってた自分が、、

死ぬほど雑魚で、浅はかで、弱い井の中の蛙』だったんだなと痛感しました。

何回も強調しますがこの方の作業量はめちゃくちゃ凄いです。やばいです。


『あーこんなに作業しているからこんな結果出るよね』

『俺も少しでも食らいつかなきゃ!』って尊敬して居ました。



って甘いわ自分。何だよ少しでもって。

お前クライアント導く存在じゃねーのかよ。

お前挑戦する人を勇気づける発信するんじゃねーのかよ。

お前なんでもっとやれねーんだよ。限界見つめろよ。突破しろよ。

格闘技でプロになってトップの空気忘れたのかよ。

リングをビジネスに変えたんじゃねーのかよ。

クソあめーよ。



って書いてる今でも自分が情けない。恥ずかしい。弱い。悔しい。

本当に甘い。ゆとり世代とか言われるけど本当その通りになってんじゃねーよと。

というわけで年始早々に気合が入りました


スズキ

今年はマジでもっと覚悟を決めてビジネスに取り組んでいきます。


格上の方達の『行動、経験、情報』の量を超える1年にしていきます。すぐに億を稼ぐ!などとつけ上がるほど馬鹿ではないですがやる事はやっていきます。



両親から頂いたこの『根拠のない自信』『恐れを知らない』という所が僕の最大の持ち味です。


ですので今回の対談は格上達との『距離』を思う存分に思い知らされたいい機会になりました。


このままでは当然終わりません。僕は。絶対目標は叶えます。


やってやります2022年。駄文にお付き合い頂きありがとうございました。


この文章であなたのビジネスが好転したら幸いです。


やってやりましょうね!ではまた!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。