【文章で人を動かした人必見】だいぽんさんの扇動マーケティングを徹底レビュー!

先輩

今日はネットビジネス界の有名人だいぽんさんの情報商材『扇動マーケティング』を購入した僕が徹底レビューしていきます。



早速ですがこの記事を読んでいるあなたは、ネットビジネスに対して以下の悩みを持っているのではないでしょうか?


あなたの悩み

売りこまない文章術を学びたい。

収益が出ても月々の収益が安定しない。

コピーライテイング勉強してるけど全然稼げない。

自分のブログやコンテンツにファンが出来ない

扇動マーケティングは2020年の現在でも使えるのか?

扇動マーケティングは実績がない自分でも使えるのか?


早速ですが結論から言うと『扇動マーケティング』は上記の悩みを一掃出来る教材となっています。


具体的に『扇動マーケティング』を一言で言うと、


『文章でを人動かす力や人の心を掴む力を手に入れたい人やネットビジネスでバンバン売上を上げたい人に非常にオススメ』です。


また、『2020年の今でも全然使えますし、あなたにネットビジネスの実績がなくても勿論使用可能です。』


僕は扇動マーケティングを購入し自分自身に落とし込んだ事で


『文章で読者の感情を動かしたり、行動を促せるようになりました。』


また扇動マーケティングを学んだ結果、このような熱いコメントを頂けるようになりました。




収益が増えていくのも嬉しいですが、このようなコメントを頂けるのもとても嬉しいです。


これも『扇動マーケティング』で学んだテクニックを取り入れたからです。


また、あなたが『扇動マーケティング』を使いこなす事が出来る様になると、


以下のような効果があらわれます。

あなたの文章が読者の目に止まる。

自然と集客で苦労しなくなる。

勝手にあなたのファンが口コミで新規顧客が増える。

信頼がある状態でセールスレターを読んでくれる。


そして自ずと月々の収益が安定していきます。


購入して頂いた方から感謝のお礼が届くまでになります。


それくらい読者に特定の価値観、信念、思考を刷り込み、


同時に信用を高める事が可能になるのです。


あなたが読者にとって『唯一無二』の存在になれます。


この扇動は、人の心理や本質が変わらない限り2020年の今はもちろん100年先でも使えます。


かの有名なヒトラーや歴代大統領もこの『扇動』を使用していました。


さてここからは具体的に『扇動マーケティング』について解説していきますが、


『扇動マーケティング』を検討しているあなたにとってこの記事が1ミリでも参考になれば幸いです。


では、まずそもそもなぜ僕が扇動マーケティングを購入するに至ったのかを書いていきます。

扇動マーケティングを購入したのは僕がコピーライティングを学んでも稼げなかったから。そして商材が理念と一致したから。

先輩

なぜ扇動マーケティングを購入したかというと僕自身がコピーライティングを学んでも稼げなかったからです。


僕は、『コピーライティングさえ学んで極めてステップメール作り上げてセールスすれば勝手に売上が上がると思っていたんです。


それは大きな落とし穴であり、勘違いでした。


スポーツで言うと、『必死に練習しているけど間違ったフォームなので全く上手くならない』という悲しい状態でした(泣)


なぜなら、コピーライティングは『一回きりのセールスやビジネスには効果はありますが継続的にファンになるようには仕組まれていないから』です。


セールスでは、勿論コピーライティングは使いますが問題はそこではなく、


僕が稼げなかった原因は『セールスをする前』だったのです。


必死に勉強していたコピーライティングを、『使う前の段階が問題』だったのです。


コピーライティングを使う前にネットビジネスの猛者達は

『顧客の心を掴んでいて既に勝利を収めている』という状態だったので

ネットビジネス初心者の僕が猛者達に立ち向かうにはそもそも無理ゲー状態だったのです。


つまり扇動マーケティングを学んで、

セールスをする前の段階で読者が僕のファンになりセールスレターを読まずに僕の商品を購入してくれる』様に信頼関係を構築する方法を会得しなければ、


ずっと稼げなくて誰かの為になる発信が出来ない状態が永遠と続く』と気がついたのです。


勘の良いあなたならお気づきかもしれませんが扇動は悪用も出来ます。


それくらい人の価値観、信念、思考に刷り込ませる事が出来ます。


学がある人でも、緻密な扇動を仕掛けられるといつのまにか悪党の手の中に落ちていきます。



それくらい人に効果があるので悪用は勿論しませんが、


『稼げなかったのはコピーライティングを学ぶ以前の問題だったんだな』と再確認出来たので購入に踏み切りました。


また、僕のビジネスの方向性である『文章で人を勇気付け読者の人生を良い方向へ導く』という理念に


扇動マーケティング』の内容が非常にマッチしたので購入する理由には十分でした。

扇動マーケティングは何で人を動かせるのか?何でセールス前に勝負を決められるのか?

先輩

では『扇動マーケティング』の理論を話していきます。



まず『扇動マーケティング』の根本には『人を動かす理論』があります。


どういった理論があるかというと…

人を動かす4つの理論

注意を引きつける。

選択肢を限定する。

感情を揺さぶる。

不安を拭い去る。


上記の具体的な方法を、理解すれば他人に対して絶大な影響力を持つ事ができます。


要は『人を動かす事』が可能になります。


また、セールスをする前にネットビジネスの猛者達が意図的に勝負を決めていた決定的な理由は…

セールスをする前に勝負を決めていた理由

・『用意周到な教育』でLPを読まずとも成約させる。


『用意周到な教育』を行う事で、お客の心を掴み信用、信頼を超えて忠誠、崇拝させる事が可能になります。

人間の本質的な部分や無意識の部分に働きかける』のであなたの売る商品やあなたのお客がどんな人であろうと関係ありません。

後輩君

『扇動マーケティング』…凄そうですね。ただ、「人の心理を誘導するなんてけしからん!」とかいう人が出て来そうですね。


先輩

出て来そうだね。でもね。厳しい事を言うと、ビジネスの世界で人の心を全く動かせない人は、『人を正しい方向に導くこともできない』『いい商品を届けて人を幸せにすることもできない。』という現実が見えているんだよね。


「家族を幸せにしたい」「世の中をよくしたい」「この素晴らしい商品を広めたい」というような高い志を持ちながら、


人を動かす方法を知らないばかりに、


『思い通りの結果を得られず挫折していく人たち』を僕はたくさん見てきました。





僕もネットビジネスは2回も挫折しています。


その理由は、紛れもなく思い通りの結果が得られなかったからでした。


時間は二度と戻りません。


僕自身『もっと早く自分の勘違い(間違ったフォーム)』に気がついていればと後悔しています。


それくらい『人を動かす力』というものは必要になってきます。


その方法論を具体的に会得できるのが、『扇動マーケティング』になっています。


少し内容に触れますが具体的な手法とは…

人を動かす具体的な手法

憧れさせるという販売手法。

恐怖させるという販売手法。

興奮、熱狂させるという販売手法。

心酔、依存させるという販売手法。

共感させるという販売手法。

洗脳するという販売手法。


などがあります。


勿論上記以外にも本編では述べられていますが、


一言でまとめると『お客にセールスをかける以前の段階で勝負を決めてしまうためのテクニック』が本編では解説されています。


また、さらに本編の他に2つのセミナーがついてきます。


『扇動マーケティング』はまとめると3部作となっています。


扇動マーケティングの構成

お客にセールスをかける以前の段階で勝負を決めてしまうためのテクニック

お客の3つの感情を刺激して購買へと走らせる方法

お客の心の奥までかき乱し、理性さえも麻痺させてあなたのセールスに盲信的に従わせる方法


本編の他に2つのセミナーの内容が加われば鬼に金棒です。


2つのセミナーはセールスに直結していくテクニックです。


まずは本編のテクニックで『圧倒的に欲しがらせる状態』を作り、


残り2つのセミナーのテクニックで成約していくという流れが『扇動マーケティング』の簡単な全体像になります。


ここまでのレビューで『扇動マーケティング』が気になるな…と思って頂けたのなら、


セールスレターだけでも覗いてみてはいかがでしょうか?


このセールスレターも非常に勉強になります↓



では、『扇動マーケティング』の内容や理論については理解して頂けたと思うので、


次は僕がどうやって『扇動マーケティング』を自分に落とし込み、


『人を動かす力』を手に入れたのかをお伝えします。

『扇動マーケティング』を3ステップで落とし込む方法


先輩

それでは僕がどうやって『扇動マーケティング』を自分に落とし込んでいったのかを具体的に3ステップで解説していきます。


①音声を作者と同じ緊張感を持って全集中で聞く。「1回目に聞く時」がとにかく重要。


これ簡単に捉えがちですがかなり重要です。

1回目はメモを取りながら、全神経を集中させて聞いてください。



なぜなら、僕たちはこれから『消費者』ではなく『場や商材を作る側』に回っていきます。


この記事で言うと『扇動』を仕掛ける方に回ります。


『場や商材を作る側』は1ミリでも受講者や購入者に来て良かった。


買って良かったと思って貰えるように、コンテンツやセミナーをギリギリまで作っています。


『場や商材を作る側』と同じ位の緊張感を持って、神経を集中して1回目のインプットに挑んで下さい。


そしてそうする事で『場や商材を作る側』感覚が手に入ります。


人間は以下のような順位づけで物事を吸収します。


インプットの順位づけ

・ノウハウ<マインド<感覚


今回は長くなるので詳細は割愛しますが、感覚さえ取り入れてしまえば『ノウハウ』を実践する事が出来ます。


『ノウハウ』を学んでも再現性がない人がいるのはこの『感覚』をインストール出来ていないからです。

後輩君

野球で例えると、バットの振り方を知っててもイチローみたいには打てませんよね。


『感覚』をインストールする為に、


1回目の音声はメモを取りながら、作者と同じ緊張感を持って全神経を集中して聞く事』が一番大切なのです。


2回目以降は、BGM的に流して、作業しながら、あるいは移動中に何度も(できれば7回くらい!)聞いてください。


そして音声で蓄積した知識を、『Evernote』というアプリにメモを蓄積していきます。


そして『自分の教科書』を作っていきます。


以下は、僕の『Evernote』のメモ欄の画像です。


こんな風に学んでいるコンテンツのメモをまとめています。




僕のブログではこの『Evernote』を激推ししていますが無料ですし、


デジタルに保存する方が情報発信ビジネスをしていくのに、何倍も効率が良いのでオススメです。

②教科書を元に扇動のテクニック事にTwitterに1日5ツイート投稿する。


Twitterは140文字の制限があるので『扇動マーケテング』で学んだテクニックを1つずつ使って投稿していきます。


Twitterの下書きにメモを蓄積してもいいです。


僕もパッと思いついた時にはこちらにも保存しています。



『目標は1日に5ツイート』していきましょう。


この目的はフォロワーを集める事ではなく、


『質の良いコメント』や『いいねやリツイート』される投稿のデータを集める事です。


目標に届かなくてもいいので毎日継続していきましょう。


反応がなくても大丈夫です。


皆最初は素人ですし、その反応が無かったツイートもデータになりますし、


『全然反応がなかった実績』も後々のあなたのストーリーとしても使えます。

後輩君

あなたの実績や軌跡が読者の勇気づけになります!



思い切ってツイートして無反応を楽しみましょう!

③いいねやリツイートや熱いコメントが来た理由を分析する。


そしてフィードバックされて来たツイートを分析していきます。


『いいねやリツイートや熱いコメントが来た理由』を、


『扇動』のテクニックと照らし合わせて答え合わせしていきます。


そして『反応が良かった投稿のテクニック』だけを残していきます。


その残ったものが『あなたが得意な扇動のテクニック』です。


扇動のテクニックはたくさんあり、すぐには全部吸収出来ないので、


まずは1つでも2つでも吸収していきましょう


このネットビジネスの業界はあなたの投稿が、『1ツイート』でもバズればあなたの未来が大きく変わる世界です


無駄を削ぎ落とし切れ味のある洗練されたテクニックを、一つでもいいので会得していきましょう。

早ければ1週間で自分の得意なテクニックが見つかるはずです。


以上の3ステップで僕は『扇動マーケティング』のテクニックを落とし込んでいきました。

先輩

それでは、一通り『扇動マーケティング』のレビューをさせて頂きましたので、ここまで読んで頂いたあなたに僕の紹介リンクから購入すると貰える無料特典のご案内です。


無料特典企画:この記事から『扇動マーケティング』を購入して頂いた方には特別な無料特典をプレゼントします


今回この記事を読んで是非『扇動マーケティング』を購入したい!と思っていただいたあなたには


この記事から購入して頂けたら以下の特典を差し上げます。


特に①の受講料サポートのせどり術は必見ですよ。


実質タダで『扇動マーケティング』を購入出来ます。

無料特典

受講料サポート!毎月安定して2〜3万収益があるせどり方法伝授。

僕の月1度のスカイプにてフォローアップ(指導,相談,何でもOK)

・稼げるようになるまで無制限LINEサポート

・4倍成約率が上がる人間タイプ別ライティングを伝授。


上記を僕から購入して頂くと特典としてプレゼントさせて頂きます。


それでは特典の案内とどうすれば特典付きで入会できるか?を詳しく説明していきますね。

①『扇動マーケティング』が実質タダで手に入る!


やはり有料教材なので最後は金額がネックになると思いますので、


僕が提供する超簡単せどり術を伝授します。受講料をそれで賄えますよ。


という夢のような特典です。


具体的には、僕は現在せどりで毎月30分程度の作業で月2〜3万を稼いでいます。(やり方を応用すると10〜30万も行けます)


この稼いだ金額を受講料(扇動マーケティングは3万円ポッキリです。)に当てて頂ければお金の心配を作業に取り組めますよね。


もしあなたが金銭的に後少し余裕が欲しかったり、


他にも有料商材を購入して勉強したい!という場合にもこの『せどり方法』は必ずやお役に立てるでしょう。


このせどりのメリットは…


メリット

・販売ルートが決まっているので在庫を抱える心配がない。(商品到着後、2〜3日で現金化するので軍資金必要なし。クレジットがあれば良い)

・商材は価値が高い物を選んでいるので値崩れしません(主にアップル製品です)

・とにかく作業時間が短い毎月30分程度の作業で月2〜3万


転売は不良在庫になって赤字になるのが一番嫌ですよね。


その心配を取っ払ったノウハウですので、


再現性がめちゃくちゃ高いです。


もちろんこのせどり方法も徹底的にSkypeでサポートしますし、


1からやり方を教えますのでご安心ください。


『いやそれでもそんな上手い転売はないだろ…』と言う方に少しネタバレすると、


手法は『楽○せどり』です。


画像も一部公開しちゃいます!


サクッと稼いで教材代をペイしましょう!

②Skypeフォローアップ


こちらはあなたが『扇動マーケティング』を購入されてから期限は、


6ヶ月で毎月1回僕がSkypeでフォローアップさせて頂きます。


『その時の悩みや不安』を言語化していきましょう。


勿論『ブログの相談』など扇動マーケティング以外でも、気軽にご相談ください。


僕があなたの先輩コーチ的な役割をさせて頂きます!

③稼げるようになるまで無制限LINEサポート

こちらも付けさせて頂きます。

ネットビジネス初心者の壁である収益月5桁を超えるまで、徹底的にLINEでもサポート致します。

お気軽にご相談くださいませ!

4倍成約率が上がる人間タイプ別ライティングを伝授。


こちらもレポートという形で配布させて頂きます。

『4倍成約率が上がる人間タイプ別ライティング』はTwitterや、


ブログの問い合わせから『非常に気になります』との声が多かったです。


有料NOTEで販売しようとしてましたが、


熱いコメントを多く頂いたのでこの機会に特典として配布させて頂きます。


稼いでいる人でもこの『4倍成約率が上がる人間タイプ別ライティング』を、使っている人はごく稀です。


是非この機会に手に入れてください。


僕の特典は上記4点になります。


SEOで『扇動マーケティング』のレビュー記事はたくさんありますが、


『実質タダ』で購入出来るのは僕の特典のみでした。


是非この機会に『扇動マーケティング』を共に学んでいき、


『読者を良い人生に導く力』を手に入れましょう!


以下のリンクから購入可能です↓



あなたを徹底的にサポートする環境を整えてお待ちしております!

扇動マーケティングのレビュー記事まとめ


先輩

それではまとめといきます。


記事のまとめ

・扇動マーケティングは『人を動かすテクニック』が身に付く教材である

・2020年の今もこれからも人間の本質は変わらないので使っていけるテクニックである。

・コピーライティングでは『ファン化』は出来ない。『人の心を動かす力』をつけなければ
『時間と体力を浪費して間違ったビジネス』を進める事になっていく。


具体的に一言で言うと


『文章でを人動かす力や人の心を掴む力を手に入れたい人、バンバン売上を上げたい人におすすめ』と言った具合です。

最後になりますが、扇動マーケティングを学ぶと…


あなたの文章が読者の目に止まり、


自然と集客で苦労しなくなり、


勝手にあなたのファンが口コミで新規顧客を連れて来てくれて、


セールスレターを読み込む前にあなたの商品を購入して頂ける位の信用が得られるようになります。


そして自ずと月々の収益が安定していきます。


あなたが読者にとって『唯一無二』の存在になれる教材が、『扇動マーケティング』です


あなたを徹底的にサポートする環境を整えてお待ちしております。


商品は以下のリンクから特典付きで購入可能です↓



あなたの挑戦の1歩をお待ちしております。


それではここまで読んで頂きありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です