行動出来ない人やめんどくさい人におすすめ本〜マンガで「めんどくさい」がなくなる本〜

悩める後輩
何もかもががめんどくさいな…いざとなったら行動出来ない自分がいるな…なんか解決策がないかな…原因がわかれば行動出来て人生楽しくなると思うんだけど…
先輩サラリーマン
今日は上記のような行動出来ない人に是非読んでほしい本を紹介します。しかも漫画風で非常に読みやすいです。

この記事は以下の悩みを持った人向けです。

  • 何もかもががめんどくさい
  • 人付き合いがめんどくさい
  • 頭でわかっていても行動できない
  • 考えすぎて行動出来ない
  • 色々な本を読んだりセミナーに行ったけど行動に移せない』
  • 部下や後輩や周りの人を行動力を向上させたい。
  • 自分の行動力が上げたい

今回はこういった人たちにピッタリな解決策が漫画を交えて解説されている

『マンガで「めんどくさい」がなくなる本 』を紹介します。

先輩サラリーマン
それでは紹介していきます!

行動出来ない人やめんどくさい人におすすめ本〜マンガで「めんどくさい」がなくなる本〜とは?

本日紹介する『マンガで「めんどくさい」がなくなる本』は、鶴田豊和(つるた とよかず)さんの2015年に刊行されて以来、多くの老若男女から支持されて
17.5万部を突破したベストセラー『「めんどくさい」がなくなる本』のマンガ版です。

悩める後輩

本を読むのも「めんどくさい」僕でもマンガなら読みやすい!

著者の鶴田豊和(つるた とよかず)さんとは?

一般社団法人 本質力開発協会 代表理事である鶴田豊和(つるた とよかず)さんの詳しいプロフィールはというと…

行動心理コンサルタント。世界一の情熱発見ツールと呼ばれるパッションテストの日本初の指導者。無名の中小企業で仕事が合わず、うつ状態のときに、様々な自己分析の末に自分の情熱を見つけ、マイクロソフトに正社員として入社。マイクロソフトの人事として、数千名の面接経験を持ち、さまざまなキャリアに精通。マイクロソフト社内でトップ3%以内の成果を出し、Asia Gold Club Awardを受賞。その後独立し、【誰もが無理なく、自然体で結果を出せる】行動心理メソッド:エッセンシャルコードを普及。これまでのべ1万人以上をサポートし、
天職や夢の実現に導く。講演家としても国内や海外で活躍。『ザ・シークレット』登場メンターをはじめ、世界的スピーカーたちと同じ舞台に登壇し、
気鋭のコンサルタント兼スピーカーとしても注目を浴びている。

鶴田豊和公式サイトより引用

悩める後輩
行動心理コンサルタントである著者自身の経験から生み出されたメソッド本なんですね!

先輩サラリーマン
その通り!自身の経験から基づいているからスッと読者に内容が入っていくんだ。『著者も本を読む事さえめんどくさい人』だったらしい。次は本の概要を説明していくよ!

『マンガで「めんどくさい」がなくなる本』の概要

人間誰もがつねづね湧き上がってくるのが「めんどくさい」という感情。もしかしたら、「本を読むのが、めんどくさい」と感じている人もいるかもしれません。

先輩サラリーマン
僕も以前は『本を読む事さえめんどくさい人』でした。そんな僕でもスラスラ読破出来ました。

冒頭でも述べたようにこの本は、2015年に刊行されて以来多くの老若男女から支持されて17.5万部を突破したベストセラーのマンガ版です。

日常について回る「めんどくさい」という感情とどのように付き合い、どのようになくしていけばいいのか?

主人公・めんどくさがりOLのミユキが、できる上司・チサトから教えてもらった効果実証済みの【心理テクニック】を用いて、

【行動するのが、めんどくさい】【人間関係が、めんどくさい】

という2大「めんどくさい」を解消していくストーリーとなっています。

マンガ版ならではの痛快なストーリーで、楽しみながら「めんどくさい」解消メソッドを身につけられる1冊です。

行動出来ない人やめんどくさい人におすすめ本〜マンガで「めんどくさい」がなくなる本の内容は?

気になる本書の内容は以下のとおりです。

全部9章で分かれていて以下の2つ

「行動するのが、めんどくさい」 「人間関係が、めんどくさい」

が発生するメカニズムや克服するための重要な原則、そこからさらに落とし込んだ具体的な手法やステップについて書かれています。

悩める後輩
具体的な手法まで書いてあるのか!有益そうな内容だな。でも漫画だけで内容が薄くなったりしないのかな?
先輩サラリーマン
この本は漫画とはいえとても濃い内容になっているし、図解を入れた詳しい解説ももちろんあるし、どれも納得出来る内容でたくさんの気づきがあったよ。めんどくさがり屋で全然早起きが出来なかった僕もこの本を読んで以下のツイートのように朝活が習慣付いたし人生を楽しく過ごせるようになったよ!

次は特に印象に残ったポイントを書いていきます。

行動出来ない人やめんどくさい人におすすめ本〜マンガで「めんどくさい」がなくなる本〜印象に残ったポイント

・『行動するのがめんどくさい』『人間関係がめんどくさい』『何もかもがめんどくさい』この3つを解消するのは溢れ出てくるやる気や本や映画や音楽で得た突発的なモチベーションではなく『パッション』である。『パッション』とは『自分の心に本当に響く事をやらずにいられないエネルギー』パッションは人生の原動力になる

先輩サラリーマン
やる気やモチベーションが人間をつき動かすわけではなく『パッション』(情熱)が原動力になるとは新しい気づきでした。

・『こうすべき。こうでなきゃいけない』と思うほど行動出来なくなる。〜すべきだとか考えている状態は『自分のパッションに蓋をして頭が良いフリをしている。』である。

先輩サラリーマン
考えすぎて行動出来ないとよく言うけれどその状態が『頭が良いフリ』をしているとは意外でした。ただ無意識的に私たちはパッションに蓋をしているんだとも気づきました。

・『行動自体のプロセスを自然体で楽しむ』のが継続の秘訣。

悩める後輩
パッションによって自然と行動が出来てなおかつ楽しむ事が出来ている状態が成功者の秘訣って事ですね!

本書では、より具体的なアクションプランを用意しているので行動出来ない人には有益かつ悩みが解消できる内容になっています。特に『色々な本を読んだりセミナーに行ったけど行動に移せない』あと一歩の方には是非おすすめです。

行動出来ない人やめんどくさい人におすすめ本〜マンガで「めんどくさい」がなくなる本〜はどこで読める?

以下のリンクから購入可能です。
Kindle版が安いのでこちらをおすすめします。

めんどくさい感情を克服して人生を好転していきましょう!それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です